スポンサーリンク

恒松祐里ちはやふるの役柄や動画は?他に出演した映画・ドラマについても

恒松祐里 エンタメ

2020年1月24日(金)スタートの金曜夜放送の 岡田結実主演の『女子高生の無駄づかい』にヲタ役で出演する『恒松祐里』さん。
最近色々なドラマや映画に出演していて、若手女優さんです。
今回は彼女について調べてみました。

スポンサーリンク

恒松祐里

1998年10月9日生まれの21歳。5歳の時にご両親がアミューズとパルコのオーディションを受けさせて合格。2005年のテレビドラマ『瑠璃の島』子役でデビュー。
21歳にして芸歴なんと14年の若手女優さんです。

 

ちはやふるに出演してるの?

恒松祐里さんご自身がつぶやいてます。
なので、本当に出演しています。

これは、映画『ちはやふる 上の句』です。

映画の冒頭の屋上のシーンで、野村周平さん演じる真島太一に告白して速攻でフラれる女子高生に付き添ってて、「調子こいてんじゃねえぞ!」とたんかを切っている女友達役。

ほんとに、なにげに出演してました。

クレジットには入っていないようなので、ここだけほんの一瞬の出演のようです。

 

 

出演した映画

2012年、に荻上直子監督の『レンタネコ』でスクリーンデビュー。

その後、アンジェラ・アキさんの名曲『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』をモチーフに生まれた小説を映画化した『くちびるに歌を』では家庭の問題を抱えた女子高生役でしたね。大好きなこの歌、手紙…の歌と重なって、とっても感動的でした。

 

『虹色デイズ』では複雑な心境を抱えて生きている子の役どころで自分と正反対の性格で、とても大変だったと語っています。今まではどんな役も『何も考えずに自然と対応できていた』と。この辺の感覚が、やっぱり天才的なんでしょうね。
でも今回難しい役をしたからこそ、また新たなステップアップがあったように思います。

 

 

『3D彼女 リアルガール』で、黒板にイラスト書いてたのは恒松祐里さんだったんですね。こんなのがさらっと書けるなんて羨ましい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

📗🖊 実は、、 このよく見ると足が太かったり、手が異様に大きかったりする この絵🖼 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私が書いてましたー!! ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ みんなの集合写真など、この絵をバックにした写真を 色んな宣伝で使ってもらっていて凄く嬉しい!😌 けど、、もっとちゃんと書けばよかったと 少し後悔(笑) それぞれの役の個性を絵に出してみました✏️ ちゃっかりサインも入れてある笑 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 黒板に絵を描くって青春って感じで良いですよね! (まとめてみた。) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #3D彼女 #オフショット #ツネの落書き

恒松祐里(@yuri_tune)がシェアした投稿 –

 

『凪待ち』では香取慎吾さん演じる郁男の恋人の娘役として出演。香取慎吾さんのことを、人としてかっこいい、居心地がいいといっています。

『アイネクライネナハトムジーク』では反抗期真っ盛りの女子高校生を演じています。ほんとにこんなこいるよななって思えちゃう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日映画 「アイネクライネナハトムジーク」 のポスターと予告編が公開されました☺️ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 《出会いとは何か、人と人との繋がりは何か》を不器用で愛おしいキャラクター達が描く、心温まるお話です。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私は生意気な思春期真っ只中の女子高生 美緒を演じています🚴🏻‍♀️ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 予告編に私が好きな矢本さんの台詞 『あの時あそこで出逢ったのが彼女で本当に良かった って思うのが凄いことなんだよ!』 が入っていて今とてもテンションが上がっているのですが、、! 本編どこを切り取ってもステキな仕上がりになっていますので、是非楽しみにしていて下さい‼️ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 9月に公開予定です🎞 お楽しみに💛 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #今泉力哉 監督 #三浦春馬 さん主演 #伊坂幸太郎 さん原作 音楽 #斉藤和義 さん #アイネクライネナハトムジーク #恒松祐里

恒松祐里(@yuri_tune)がシェアした投稿 –

 

 

 

『殺さない彼と死なない彼女』

 

 

 

 

2020年1月24日公開の『シグナル100』には仲良しの橋本環奈さんとでています。

そして2020年3月6日公開の『酔うと化け物になる父がつらい』

 

『タイトル、拒絶』にも出演しています。

こちらも公開が楽しみです。

 

出演したドラマ

2005年に『瑠璃の島』で子役でデビュー。

そして2008年に『フキデモノと妹』に岡田将生の余命いくばくの妹役で出演。
タイトルはかなりポップですが、内容はシリアスで難しい役どころでしたね。

2010年からの『ハガネの女』に高田百合役で出演。
このドラマには、他に大橋のぞみさんや吉田里琴さん(今は改名して、吉川愛さん)、柴田杏花さんなんかも子役で出ててすごいの。まだ、子供だからしたったらずだったりして、ほんとにかわいい。

 

『ビットワールド』ではこんなかわいい キャンディマカロン を演じていましたね。

恒松祐里 ビットワールド

出典:アミューズキッズブログ

 

NHKの連続テレビ小説『まれ』では主演の土屋太鳳の一家が居候する家の孫の姉妹役で恒松祐里さんと浜辺美波さん姉妹がかわいいと話題になりましたね。ふたりともそんなに出番があるわけしゃなかったのに、演技がしっかりしているから、印象に残っています。

 

『5→9〜私に恋したお坊さん〜』では主演の石原さとみさんの妹役で主演されていましたね。
この妹役は、こんな妹いたらいいなって思う理想の妹でした。

 

黒沢清監督の『真田丸』では、一見普通の女子高生、でもその正体は“侵略者”。そして本格アクションに初挑戦!この難役を軽々とこなしてるように見える恒松祐里さん。
黒沢監督からも、“末恐ろしい女優”とその才能を絶賛してたことでも、彼女の実力がわかります。

 

『咲-Saki-阿知賀編 』ではこんなかわいいインスタをアップされていますね。
恒松祐里さん含めこんなかわいい子たちが麻雀をするんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は映画「‪咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A‬」の公開日でした❗️ 舞台挨拶からタワレコのイベントまで!来てくださった皆さんありがとうございました(*^^*) そして初日から映画を見て下さった皆さん、ありがとうございました!! ・ ・ 何の映画見ようかな〜?と迷っている方がいましたら、是非本作を観て頂きたいです🌸 出てくる女の子たちはみんな素敵です! きっと目が癒されると思います! そして、物語にも引き込まれてあっという間の2時間になると思います! ・ ・ 本作が沢山の方に見て頂けたら嬉しいです😊 明日は関西で舞台挨拶があるので、沢山美味しいものを食べて、頑張りたいと思います! ・ 今日は本当にありがとうございました! ☪︎*。꙳ #咲実写 #桜田ひより #伊藤萌々香 #渡邉幸愛 #中山莉子 #恒松祐里 #阿知賀女子学院麻雀部

恒松祐里(@yuri_tune)がシェアした投稿 –

そして、2020年1月24日(金)スタートの金曜夜放送の 岡田結実主演の『女子高生の無駄づかい』にヲタ役で出演するします。
どんな女子高生を演じるのか楽しみです。

 

まとめ

1998年10月9日生まれの21歳の恒松祐里さん。
2005年のテレビドラマ『瑠璃の島』子役でデビュー。
映画『ちはやふる』に、ほんのちょっと冒頭部分に出演。

今後の映画は『シグナル100』『酔うと化け物になる父がつらい』『タイトル、拒絶』に出演。
そして、2020年1月24日(金)スタートの金曜夜放送の 岡田結実主演の『女子高生の無駄づかい』にヲタ役で出演するします。

今後もますます成長する、恒松祐里さん、注目です!

 

タイトルとURLをコピーしました