スポンサーリンク

カラオケのコロナ対策は?新たな感染防止のガイドラインについて

エンタメ

今、昼カラオケで新型コロナのラスターが発生していると話題になっています。また、以前にはライブハウスでクラスターが発生したことがあります。

ですが、カラオケボックスではクラスターは発生はしていません!でも、歌うという状況には変わりません。また一歩間違うとカラオケボックスでもクラスターが発生してしまうかもしれません。

そんな。『歌う』状況での新型コロナ対策について調べてみました。

 

スポンサーリンク

昼カラオケって何?

3蜜の状況になりやすい、カラオケボックス。性質上、密閉状態の個室になってしまうのは仕方ないんです。
何かと、カラオケという言葉が話題になっていますが、カラオケボックス自体ではクラスターは発生していません。

 

日本カラオケボックス協会連合会からも発表されています。

カラオケボックスでクラスターが発生した事実は無かったことについてはこちら>>

 

 

 

では、今クラスターが発生している『昼カラオケ』とは?
私は、お昼にカラオケをすることだと思っていました。そう思ってる人も多いはず。

 

『昼カラオケ』とは、カラオケボックスではなく、カラオケ機器を備えた喫茶店や日中に営業しているスナックなどで、昼間にカラオケを楽しむ事のようです。

関西地方の喫茶店で、『コーヒーと歌を楽しんでもらおう』ということでカラオケ機器を設置したのが発祥とされているんだそうがです。1人、1000円くらいで、歌い放題とソフトドリンクの飲み放題がセットになった料金を取るのが多いようです。

そういわれると、喫茶店やスナック以外でも、カラオケ歌い放題みたいな案内出てるの、見た事ありますね。

 

カラオケ自体は、『ストレス発散』にとても効果的ですが、このコロナ禍では心身共に健康になるのに役立つはずが逆効果に。

 

カラオケボックスのように小さく密閉された空間ではないですが、不特定多数の人が集まって歌うためそれなりに密接になります。そして、カラオケはつばが飛びやすいく感染リスクがあるようです。大きな声で歌うとなおさらですね。さらに、このようなお店に行くかたが60代以上の方が多く、余計にクラスターとなったようです。

 

カラオケボックスには休業要請がでていましたが、昼カラオケには出ていませんでした。
そのことも、感染拡大につながってるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

カラオケボックスでの感染防止のガイドラインって?

カラオケボックスのガイドラインは日本カラオケボックス協会連合会からも発表されています。

カラオケボックス等の歌唱を伴う飲食の場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインはこちら>>

 

 

カラオケボックスの店舗では、消毒など徹底してくれていることでしょう。

 

使用する側も、接触感染のリスクがあるところは、なるべく触らないようにする努力をする必要があると思います。特にガイドラインで消毒対策を念入りにするとされているところ(マイク、リモコン、タブレット端末、カラオケ機器、テーブル、椅子の背もたれ、電気のスイッチ、インターフォン、蛇ロ、手すり、エレベーターのボタン、エスカレーターのベルト、セルフドリンクコーナーの設備等)は、私たちも意識して触らないようにした方がよさそうです。

そして、飲食もなるべくしないようにとなっています。何時間も歌う人はつらいかもしれませんね。

 

飛沫感染のリスクに関しては、小さな声だとそれほど飛ばないけれど、大声を出すと遠くに飛びやすいということです。どうしても大声になりがちですが、そこは少し控えて。

歌う人と聞いてる人との間を2mとる必要があるようですね。歌うときにはマスクをしたり、目や顔を覆うものをしたりして歌うこととなっています。

座席の間隔を2m(最低でも1m)開けることとなっていますし、正面には座らないことともなっています。

 

スポンサーリンク

ビックエコーでの感染対策について

ビッグエコーは全国にあるカラオケボックスですね。全室ALL DAMというのもうれしいところ。個人的にはとても歌いやすいと思っています。

 

ビックエコーの新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについてはこちら>>

 

 

 

一人カラオケは予約できる店舗とできない店舗があるようなので、事前に確認が必要です。

 

LIVE DAM Aiがあるんですよね。少し大きめの部屋に設置してあるのかもしれません。

 

ビックエコーは完全分煙。加熱式たばこ専用ルームがある店舗があるようですよ!
どうしても、たばこが吸いたいかたはこちらを。

 

 

スポンサーリンク

まねき猫での感染対策について

全国展開しているまねき猫、最近どんどん増えている気がしますね。

まねき猫の新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについてはこちら>>

 

 

 

他店と違うなぁって思ったのが、『ごみの持ち帰りにご協力ください』というもの。
なるほどな、と思う。

 

まねき猫でのマイクは、マイクカバー付き!ちょっとかわいいかも。

 

さらに、マイマイクも販売してるみたい!思ってたより安いかも。


『歌って健康』を合言葉に【朝うた】を実施中です。開店から12時までワンドリング制30分10円。

高校生に限って、カラオケルーム代が無料だったり、ヒトカラがあったり、色々変わったサービスがありますね。

スポンサーリンク

コートダジュールでの感染対策

最近、大阪でもどんどん増えているコートダジュール。
昔、大阪梅田や心斎橋にあったカラオケボックス『カラオケ804』がコートダジュールに変わって初めて知ったカラオケボックス。比較的、店舗が綺麗目なところが多い印象です。

コートダジュールの新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについてはこちら>>

 

 

学生さん向けにこんなことやってます。
感染したら、必ず叩かれるから、感染対策は万全に!学生さんにはうれしいサービスですね。

スポンサーリンク

ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)での感染対策

ジャンカラは関西中心に展開しているカラオケボックス。何故か北海道にはあります。
長らく閉店していたジャンカラが順次営業開始!

 

ジャンカラの新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについてはこちら>>

 

 

受付が無人ってのが斬新。これで大丈夫なんだ。
従業員さんは消毒とかの方が大変なのかも。

今回から、全室禁煙となりまして、うれしい人も多い一方で、困るひともいるのかも。

 

 

スマホアプリで事前予約もできるので、待ち時間も気にしなくてよいですね。
事前予約をすると受付もしなくてよいので、かなりのストレスフリーです。

 

スポンサーリンク

カラオケボックスの感染対策のまとめ

昼カラオケやライブハウスでクラスターが発生していますが、カラオケボックスでのクラスターは発生していません。

ですが、3密になる可能性が大いにあり、今後クラスターが発生しないとは限りません。

各社オリジナルで、感染対策を施してくれています。

利用する側の私たちも、感染対策をして利用すれば、OKなのではないでしょうか。

 

そして、マイクシールド作成されている方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました