スポンサーリンク

出雲大神宮(亀岡)の営業時間やアクセスは?御朱印帳やパワースポットとしても有名。

出雲大神宮 お出かけ情報

縁結びで有名な『出雲大社』。この出雲大社よりも効き目があるという神社が京都・亀岡にあるのをご存知ですか?元出雲(もといづも)ともいわれる、出雲大神宮です。

出雲大社よりも効き目があるかどうかは個人の見解ですが、地元の方々に愛された丹波一の宮です。祭神の三穂津姫命が天照大神から大国主命の妃神として遣わされたため、縁結びの神としても有名です。

 

スポンサーリンク

出雲大神宮はどこある?営業時間やアクセス方法は?

元出雲(もといづも)と言われる、出雲大神宮の場所は京都府亀岡市にあります。最寄りの駅からはちょっと遠いので、車でいくの楽かもしれません。

公共の交通機関ではちょっと不便ではありますが、亀岡駅からは『亀岡市ふるさとバス』が走っていて気軽に行くことができますよ。

〒621-0002 京都府亀岡市千歳町出雲無番地
9:00~17:00
(受付9:00~16:30)

 

GoogleMapはこちら

お車では

大阪や、滋賀方面からは名神高速大山崎JCTから京都縦貫自動車道千代川ICをへて国道9号へ。国道9号を加塚交差点の先にある日通の前にある道路へ右折し、出雲大神宮の看板のある所を右折です。

駐車場は近くに十分ありますが、大祭のある4月、10月は混雑しますので、公共の交通機関をご利用くださいね。

 

駐車場情報はこちら

 

公共の交通機関では

JR嵯峨野線『亀岡駅』か『千代川駅』が最寄り駅になります。どちらからも、タクシーで10分程度です。

亀岡駅』からは『JR亀岡駅前北口ひろば6番のりば』へ。そこから出ている京阪京都交通(バス)で『出雲神社前』へ。

千代川駅』からは京阪京都交通(バス)で『出雲神社前』へ。

 

JR京都駅からJR嵯峨野線に乗ることができます。
また、阪急京都線『桂駅』からは東口出口から出ている京阪京都交通(1・2系統 バス)でJR嵯峨野線の『亀岡駅前』に行くことができますよ。

 

バスの運行は少な目なので、先に時間をチェックですよ!

 

出雲大神宮のホームページ

 

スポンサーリンク

出雲大神宮の御朱印帳は?

お参りに行ったら、ほしくなるのがお守りや御朱印ですね。

出雲大神宮では、御朱印を授与してもらうことをができます。また、オリジナルの御朱印帳も用意されていますよ。

御朱印帳はちょっと渋め。御朱印帳袋は他ではあまりみないのでうれしい。

受付場所はもちろん社務所です。
開設時間は9:00~17:00(受付は9:00~16:30)

 

 

スポンサーリンク

出雲大神宮はのうさぎはパワースポット?

出雲大社では有名なうさぎさん。出雲大神宮でも『うさぎ』がパワースポットなのでしょうか。

 

出雲大社には、小さなうさぎがいっぱいいますよね。この因幡の素兎(いなばのしろうさぎ)は現在46羽いるようです。

でも出雲大神宮には、一之鳥居の前に大きなうさぎがいます。これは『しあわせ、なでうさぎ』です。こちらも『因幡の白兎』で、神様のお使いである白兎は、飛び跳ねることから運気の上昇や飛躍を象徴する動物とされ、体をなでることで幸せが訪れると言い伝えられています。

なので、ご自身の体の悪い部分と同じ場所をなでるとてみてくださいね。病気やケガが治るかもしれません!

 

スポンサーリンク

出雲大神宮で良縁?パワースポットはあるの?

出雲大神宮でも良縁のパワースポットがあります。

真名井の水

古来から、御神体山よりから絶えず湧き出ている霊水『真名井の水』。この真名井の水は『天下の名水』といわれています。

そしてこの真名井の泉には『』と『』がいます!

天下の名水といわれる『真名井の水』は、ミネラルのバランスのよいおいしいお水です。日本水質保健研究所よる調査でも『健康に良い水』として、地質学的にも実証されています。

大国恵比須舎

大国さまはご本殿にてお祀りしいる縁結びの神『大国主大神』です。
恵比須さまは笑殿社にてお祀りしている商売繁昌の神『事代主大神』の事です。

十日戎』にあたる1月10日に事代主大神さま(恵比須さま)への感謝と、商売繁昌をご祈願するゑびす祭が行われます。

夫婦岩

縁結びの御守には赤い糸が付いています。

御守はご自身が常に身につけ、赤い糸を夫婦岩のまわりに結びます。

磐座(いわくら)

磐座は本殿裏のにある大きな岩で、御影山(千年山)を御神体として、岩や水に運気が宿っています。ご縁を呼び込むご神力があると言われています。

ですが、触ることができません。

 

猪目(いのめ)

猪目とはハート形に似た文様のことで、これが猪の目に似ているところからそう言われています。

ハート形というとなんだか現代の模様のように思われがちですが、昔から縁起が良いといわれる日本古来の文様なんです。

境内には葉っぱや花などでハートの形にしたものが隠されています。
ご参拝の際は是非一度、探してみてくださいね。

四季折々、様々な猪の目があるようです。

 

えんむすびまつり

出雲大神宮では毎月第四日曜日午後2時から『えんむすびまつり』が行われています。

ご本殿で縁結びのご祈祷をお受たあと、赤い糸を夫婦岩に結んで素敵なご縁を結ぶようにご祈願いするツアーです。

コースによっては神さまが宿る磐座(いわくら)に触れることもできます。

参加ご希望の方は出雲大神宮社務所までお問い合わせくださいね。

 

お問い合わせ窓口はこちら

 

 

タイトルとURLをコピーしました